高知市のインソール&フットケアあしすと

お問い合わせはこちら

新着情報

子供靴2大オススメを徹底比較!アシックス アイダホvsミズノランキッズ

 

「子供の靴は何がいいの?」という質問をよく頂きます。

 

ズバリあしすとのおすすめはアシックスのアイダホとミズノランキッズです!

ちなみに、うちの息子(3歳)にはアイダホを履かせています。理由はのちほど。

 

 

どちらもすごくいい靴ですが、少しづつ違いがあります。

(16㎝からのラインナップです。それより小さいサイズのものはまた少し違いがあります)

 

アイダホの特徴

 

一番大きな違いは甲のベルトです!

 

アイダホは甲のベルトが2本とも折り返しのベルトになっています。

ほとんどの子供靴がミズノランキッズのように足首側だけが折り返しのベルトです。

アイダホの折り返しのベルトは足の甲をしっかり締めることができます。

甲がしっかり締まれば靴の中で足が固定され前に滑ったり横に広がったりという悪い動きが抑えられます。

※調整具がついていない靴や靴紐の様なゴム(←あんまり意味ない)は元気に走り回る子供の足にとっていいとは言えません。

 

2本とも折り返しになっている靴は少なく、定番モデルではアイダホだけかもしれません。(アイダホも16㎝より小さいサイズ展開のアイダホベビーは足首側だけが折り返しです)

 

ではアイダホの方が良い靴か?と言われれば、簡単にそうは言いきれないのが難しいところです。

 

折り返しのベルトは甲をしっかり締められるというメリットがある反面、「足入れがしにくい」というデメリットがあります。

 

足のトラブルを抱える大人に対しては「履くのに手間がかかる靴が良い靴ですよ」と常々ご説明しておりますが、子供にこの話をしても伝わるわけがありません。

 

・履きにくいので大きいサイズにしてしまう。

・踵を踏んでしまう。

・靴を履くのが嫌になる(→でかけるときのトラブルで親が困る)

 

といった問題に繋がる可能性もあります。

 

↓息子に同じサイズの靴に足を入れてもらった動画です↓

 やはり足入れがしやすいのはミズノランキッズの方のようです。

自分でしっかり履けるかどうかもポイントですね。お店で選ぶときには自分で履かせてみるのも大事です。(協力が得られるとは限りませんが…)

 

ミズノランキッズの良いところ

 

ミズノランキッズは「甲のベルトが折り返しになっていない靴」というだけではありません!

 

アイダホ同様、作りがしっかりしていることに加えて、

最大の特徴は「発育インソール」です。

インソールに内側アーチ・外側アーチ・横アーチのアーチサポートが入っています。

(子供の靴にアーチサポートが必要か?という論については今回は触れません。)

ミズノ 発育インソール

 

便利なのはサイズ変更の時期がわかるラインが引かれていることです。

このように踵を合わせてインソールに足をのせてつま先のあまり具合を見ます。

上の写真でつま先が黄色いゾーンにあればちょうどいいサイズ、緑のゾーンに来ていればサイズアップの目安です!

 

交換時期に迷うお母さん・お父さんにとっては便利です。

 

つま先形状の違い(一番大事かも!)

 

基本的な作りがしっかりしている靴は「どちらが優れている」ということはできません。

どちらの方が個人の足や靴を履く状況に合っているか?が重要です。

 

特に靴によって異なるのがつま先形状です。

中敷き・靴底を見てみるとアイダホの方が親指側が広く、ミズノランキッズの方が中指側が長くなっているのがわかります。

左:ミズノランキッズ 右:アイダホ

 

中敷きを重ねてみると形の違いが判ります。

上:ミズノランキッズ 下:アイダホ

親指側にすこし見えている黄色い部分がアイダホの中敷きです。これくらいの違いがあります。

 

当然、足の形も人によって違いがありますので、足の形に合った靴を履くと指が当たるとか、余分に大きいサイズにしてしまうというトラブルが防げます!

 

「足と靴の形が似ているものを選ぶ」というのが一番大事かもしれません。 

 

息子の足を中敷きに合わせてみると、

アイダホ+息子の足
ミズノランキッズ+息子の足

アイダホの方が足の形と近いように見えます。 

 

息子にアイダホを履かせている一番の理由はコレです!

 

もちろんつま先の形だけ見れば良い訳ではなく、我が家では、

サイズの交換時期はこまめにチェックしていること、座って靴を履かせてしっかりベルトを締めるよう心掛けていること(保育園などで自分で履くときは少し心配ですが、裸足で遊ばせたりしてくれる園なので…)

 

こんなところも併せて考えると、アイダホかなというように決定しています。

 

お子さんの足の形や自分で上手に履けるか、親が履かすときに正しい履かせ方をするか?なども考慮して、「最適な靴」を選んでいただければと思います。 

 

今回は良い靴の話ばかりをしましたが、しっかりした「足を守る靴」だけを履かせるのではなく草履(鼻緒のあるもの。スリッパは×)などの「足を使う靴」を履かせることも足の機能の発達には重要です。 

 

お子さんの靴選びに困ったらお気軽にご相談ください。

問い合わせフォームやトップページにリンクのある公式ラインなどでご相談いただけましたら無料でお答えしています。

 

 

↑タップしてご利用システム・料金の解説ページへ移動↑

 

足と歩きの悩み解決に役立つ動画の配信も行っています。

 ↑タップして動画一覧ページに移動↑

トップページ→ https://f-ashist.com/

メニュー・料金はコチラ→ https://f-ashist.com/?page_id=37

オーダーメイドインソールを使用したお客様の声はコチラ

https://f-ashist.com/?page_id=309