新着情報

子供の足のために

高知市の子育て支援センター「こあら」さんにて子供の足と靴についての講演をさせて頂きました。

子供の足は大人とは違い、骨が完成していない柔らかい状態です。

この柔らかい足を守り、元気に育てていくためには小さい頃からの靴選びが大切です。

どうしても「すぐに足が大きくなるから…」と大きめのサイズを買ってしまいがちですが、大きすぎる靴を履かせてしまうと靴の中で足が動いてしまい指が曲がったり、歩きにくくなったりとトラブルの原因になります。

ですが、小さいお子さんは靴が「きつい」とか「ゆるい」とかゆってはくれません。

お気に入りのキャラクターの靴を履きたいがために小さすぎる靴をそのまま履いてしまうこともあります!

正しいサイズで靴を履くためには、やはり正しく足のサイズを測ったり、中敷きと足を合わせてサイズをチェックする方法を知る必要があります。

お子さんの靴選びについてもお気軽にご相談ください。